新築でアパートよりも安かった

子供が小さいうちは戸建てが便利

MENU

新築でアパートよりも安かった

結婚後しばらくして旦那の転勤心配なくなって心余裕まれて、住宅内覧会で購入決めたのですが、住宅ローンの月々支払い額が今住んでる賃貸の賃料より低くなるのを知ったことも購入の決め手に。

 

そして不動産分譲会社の担当者も内覧会から購入後同じ人が担当してもらったことも満足していて、賃貸住んでるときより、月々の支払額低くなって新築の広い面積で、実家、友人たちとの距離近くなって生活ゆとり生まれてとても満足しています。

 

結婚3年目でアパート暮らしで舌が夫婦共働きできていて、余裕が生まれました。元から夫の転勤で住んでたところでしたが、その後転職を機にその土地住む理由なくなって、転勤心配なくなり、家の購入を検討して住宅内覧会に参加してお互い気にいった住宅があり購入したのです。初めての購入で、これからの人生そこで暮らすといったことで単に新築がいいといった思いありました。

 

夫婦2人で話し合って予算を出して不動産の人にローン返済シュミレーションしてもらったら、新築購入でも月支払いアパートに住んでる時ン比べて安くできる範囲であり、新築で購入したのです。1里の人に内覧会から購入、アフターケア通じすべてを担当してもらってって話し合いスムーズにできて相談しやすいスタッフでした。

 

そしてとても満足していて、アパート暮らしに比べて広い空間、新築できれいな内装で維持していけるよう頑張れるように自分の想いも前向きに過ごせています。国庫したことにより実家、友人との距離近くなって日常生活豊かとなって満足してます。新築は満足感がありますが、太陽光発電システム、家庭用蓄電池など中古であれば構図の問題でつけられないケースがあります。

 

また高い断熱性、最新設備で新築一戸建ての多くは中古より維持費が安くなり、新しいのは壊れにくかったりして、すべての新築は住宅品質確保促進法で10年間保証されます。そして、登録免許税軽減など税制優遇は中古よりもメリットがあります。