子供が小さいうちは戸建てが便利

子供が小さいうちは戸建てが便利

MENU

子供が小さいうちは戸建てが便利

一人目の子供が1歳の頃に、アパートから戸建てに引っ越しました。
アパートが手狭になり、マンションも検討しましたが、自分が戸建てで育ってきたこともあり、のびのびと子育てをしたいというのが戸建てに決めた理由です。

 

大人だけの暮らしなら、マンションが管理も楽でいいなと思いますが、子供がいると何かと戸建てのメリットを感じています。
まず、多少ドタバタしても気にしないでいられるのが大きいです。
うちの二人目の子供は夜泣きが多かったのですが、戸建てでしたので、泣き声にそれほど肩身の狭い思いをすることがなくよかったです。
我が家は男の子2人なので、家の中を走り回っていますが、これがマンションなどならいつも怒っていなければならないと思います。

 

他にも、車から荷物を出し入れする時も、一階の窓から作業できるので、荷物が多い時や重いものを運び入れる時、キャンプの時などとても便利です。
戸建ては窓を多く取れるのもメリットです。風通しがよくて明るいですし、トイレや風呂場に窓があるので換気ができますので快適です。
反面、窓が多い分防犯の心がけはマンションよりもしっかりしたほうがいいというのも感じています。

 

メリットともデメリットともいえるのが、子供の友達が気軽に来てしまうということです。
戸建ての方が気軽に家に上がりやすく、友達がよく来てくれてにぎやかではありますが、正直しょっちゅうこられて迷惑している時もあります。

 

我が家は2階建ての戸建てです。1階と2階を行ったり来たりするのが面倒ですが、リビングと寝室の階が違う事で、子供が小さいうちは夫の帰りが遅くでも影響がなく助かりました。
子供の友達が来た時も、2階の子供部屋で遊んでもらうようにしているので、来客がある時でも私はリビングでくつろげるので便利です。

 

庭の草むしりや、今後必要になる外壁の工事など、デメリットもありますが、現時点では戸建てに引っ越してよかったと思っています。
住み心地は今のところ良いです。

間取りを考えずにに建てたからそのせいでストレスな家になった。

非常に住み心地はかなり悪いです。何故ならば先を考えずに間取りを決めたからです。狭い土地に建てる事になり、しかしリビングをどうしても広くしたいと言う主人の要望で二階にリビングとキッチン、洗濯物を干すベランダを作りました。そして下に風呂場、洗濯機のパンを設けました。

 

リビングの事しか頭になかったので、家事導線の事に関して全く考えていなかったのです。住んで10年以上になりますが、最初のうちは満足していました。何故ならばまだ若くて体力があったからです。しかし年齢を重ねる度に体が辛くなり、この間取りのせいで洗濯や買い物がしんどくなる様になりました。洗濯に関しては下で洗い、しかし干すとなると二階がベランダになるのでわざわざ階段を上がり洗濯物を干しての毎日です。

 

洗濯の量が多い何度も往復になるので本当に地獄でしかないです。また私は腰も悪いのでこの毎日の洗濯の作業のせいで余計に腰に負担がかかる事になりました。買い物に関しても二階にキッチンなので当然冷蔵庫は二階になります。スーパーで買い物する度に二階へあがり、米などの重い物や、購入した物が多いと何度も往復しないといけなくなります。このせいで毎日ストレスが半端ない状態です。

 

また毎日の体力的なストレス以外にも、大きな物を購入する際にも余分に金額がかかるなどのマイナスもあります。ソファーや冷蔵庫などを購入する際には階段の位地が悪いせいで普通に搬入出来ないのです。ベランダから吊り上げて入れる為に余分な料金が発生したりもします。

 

本来なら10年以上済むと愛着が沸くものでしょうが、ストレスとマイナス点しかないので全く愛着が沸く事が出来ず大嫌いな家です。毎日、いつか宝くじが当たって新築に建て直したいとか、マンションを購入したいと言う願望すら抱いています。しかしこの経験を生かせる事もあって、友人が戸建てを建てる際には絶対家事導線がスムーズにいくようにしてと念押しで毎度言う様にしています。

 

私みたいに疲れる家にしてほしくないからです。本当に毎日しんどすぎて今から老後が恐ろしくて仕方ありません。

30年も住んでいるといろいろ出てきます。

結婚して新居にと建売戸建てを購入しました。購入資金は貯蓄や銀行借り入れですが、自己資金は残業代をせっせと貯めていましたので購入資金の半分を賄えました。住んだ当時は新築の雰囲気が有りとても気持ちが良かったのですが、数年住み続けますと周囲の環境や敷地の狭さや地形が気に成り出しました。

 

周囲は静かな住宅地ではあったのですが、お隣が公営団地で公園があり子供の奇声や罵声が気になります。隣人はごみを回収して自宅に置いて置くというゴミ屋敷の人で最悪です。敷地は狭くお隣との境界はやっと通れるほどしかありません。地形はやや傾斜しており、そのため玄関が地面からやや高くなりました。出入りに面倒な階段を付けざるを得ませんでした。周囲や隣人や傾斜地には要注意です。

 

家の傷みもあり、フローリングの床は長年の劣化により踏むとぺカペカしてきましたし、階段の踏み板もややしなり気味です。フローリングはグレードが有りますので、強度が持つ物がお奨めですし、そうでないと30年も経つと必ずへたります。柱も少し傾斜が出てきましたので建具がピッタリと閉まりません。地震が心配です。

 

最近、トイレの枠の木枠に何か細かい乾燥した糞らしきものが落ちていましたが、これが後日シロアリと分かったときは大変にびっくりし、どのようにしたら良いかと戸惑いました。専門業者に依頼するべきですが最低で10万円は掛かります。当面はシロアリ殺虫剤を注入しておきましたが、木枠は外からつつくと中までズボッとなりました。どこまで侵食されているのか不気味です。通販でシロアリの餌を購入しトイレの外側の地面に埋め込みました。そうすることでシロアリの巣まで駆除できるそうですが、素人考えは禁物かも知れません。

 

昨年、大病をしたため家を改造しました。トイレをウオッシュレットにし、階段には丈夫な手すりを付けました。また、浴槽には木の簀子を置き転倒予防をしました。座る生活は当面続けますが、いずれ畳は止めて洋式の部屋に改造しなければなりません。

 

戸建ても住んでいる人の高齢化により、改造やリフォームが必ず必要になる事は最初は認識が出来ないものです。

お役立ちサイト